​超音波探傷試験

鋼やアルミをはじめ多くの材質や構造物、自動車部品等の製鉄や建設土木、造船に加えてエネルギー等の様々な分野に対して適用されている試験方法の一つです。物体を超音波が伝搬するとき内部欠陥があるとそこから反射されたり、透過が妨害・減衰される性質を利用して、内部欠陥の検出や厚さの測定に使用します。一般的にはパルス反射法が用いられており、鋳造品・鍛造品・溶接構造物の溶接部等の内部の品質確認に適用されます。その他にも接合面の接着確認、超音波厚さ計を用いた配管厚さ測定等にも用いられます。水浸法、TOFD法、フェイズドアレイ法等の様々な特殊手法も含め、検査結果を画像化することもできます。比較的簡便かつ安全に利用できる検査手法です。