​放射線透過試験

放射線が物質を透過する性質及びフィルム等を感光させる性質を利用して物質内部の空洞及び遺物をX線フィルムなどに投影させる方法です。原子力発電所、火力発電所、石油化学プラント、橋梁、航空宇宙、車両等の製造時、稼働時及び運転停止時検査に適用されています。ただし一定量以上のX線・放射線は人体に害を及ぼすので、文部科学省の許可を受けた放射線取扱事業者の放射線取扱主任者による安全管理が必要になります。