​磁粉探傷試験

強磁性体の材料のみ検査可能です、材料表面のクラックと表面直下の欠陥を探し出すことができます。磁性金属の表面及び表層に発生した表面割れ等の表面直下のきずの検査に適しており、この部分に鉄粉または着色磁粉・蛍光磁粉などの検査液をかけると、磁極に吸引されて磁粉模様が形成され欠陥の幅が拡大され、容易に欠陥の存在を見つけることができます。また欠陥部の磁粉の付着は、磁粉の特性と欠陥の漏洩磁場に支配され、これが大きいほど磁粉に付着しやすくなります。表面開口きず、及びごく浅い内部きずの検出に優れています。この検査方法は強磁性体にのみ適用できます。