​浸透探傷試験

試験体表面に浸透液を塗布し、目に見えない開口きずに浸透液を浸透させます。きずの内面に浸透した浸透液を現像剤によって吸い出すことで毛細管現象により試験体表面に広がり、拡大されて現れた指示模様を観察して表面きずを調べる方法です。材料破壊をせずにクラックの検出を行うことができます。特に染色浸透探傷は、特別な設備を必要とせず現場で手軽に実施できる手法です。非鉄金属や金属以外のものにも適用できます。きずの向きや開口形状には左右されません。吸湿性のある材料、石油系の材料でできた試験体、さらに試験体の表面が荒い場合は適用困難です。