​鋼管杭・PHC杭・矢板の検査

外部きずには目視と浸透探傷試験、内部きずには超音波探傷と放射線透過試験を適用します。溶接内部の欠陥を調べるためには超音波探傷試験が行われます。浸透探傷試験では、原則として全溶接線の試験が原則となっており、その内の10%以上は有資格者による試験が要求されています。超音波探傷試験では、原則として溶接20箇所毎に1箇所の試験が要求されています。