​耐圧・漏えい試験

限られた空間に保持されている流体がその空間の外へ流出したり、逆に空間外からべつの流体が入ってくる現象を漏れとしています。漏れの存在、箇所、及び量を検出する方法であり現在実施されている主な対象例は、ラジエーター・燃料タンク・タイヤ・冷凍機類・クーラー・冷蔵庫・圧力容器・真空部品・熱交換器・蒸気タービン・原子燃料棒・IC・LSI・ガス管・水道管・船舶等です。対象物により漏れの許容量、方向も異なるのでそれぞれ最適な方法を用いて試験を行うことが重要です。人や対象物、環境にとって安全な試験方法です。当社ではヘリウムと発泡剤を使った試験を行っています。