部材測定

地震に対する安全性(耐震性)、受ける被害の程度を把握する目的で行われます。建築物は竣工してから現在に至るまでの経過年数や維持保全の状態により構造体の劣化の経緯が異なり、竣工後の改修工事に伴う積載荷重の増加や構造躯体の改変により、当初と現状が大きく異なる場合があります。耐震調査では目視調査、構造部材測定、非破壊検査等により架構の基礎データを調査することによって設計図書と現況との相違を把握します。