配筋探査

耐震調査・耐震補強工事・改修工事等に関連するコア削孔・斫り工事・あと施工アンカー工事等において、コンクリート構造物中の鉄筋を傷つけることを防ぐ為に非破壊検査により鉄筋位置と、かぶり厚を測定し事前調査として行います。探査対象物の種類や探査深度などによって電磁波の反射を用いて測定を行う電磁レーダー法と磁界によって測定を行う電磁誘導法の2つの測定方法があります。電管や配管の損傷を防止するためにはX線撮影により埋設位置を特定します。​また、中性化試験も行っています。